アルバイト薬剤師が人気なワケ

結論からお話ししますと、薬剤師のアルバイトは非常に人気があります。人気があるため、表に求人が出る前にすぐに決まってしまうといったこともあります。

一般的に、薬剤師は人手不足といわれています。そのため、表に求人が出る前に決まってしまうなんてことは考えられないと思われるかもしれませんが、アルバイトに関してはそうとは限らないのです。

確かに、多くの薬局やドラッグストアは人手不足です。そのため、常に人材を求めている状態です。そんな時に活用するのが、薬剤師専門の転職サイトです。

求人を出すだけでは費用が掛からないため、多くの関係会社が薬剤師免許を持つ人材を探しています。そして、需要が非常に高いため、条件競争になってきたりするのです。少しでも他の会社よりも条件を良くし、求職者の目を引こうと考えます。

それでもなかなか正社員を雇用するのは難しいのです。それは需要と供給のバランスが崩れているためと考えます。

年々、薬局やドラッグストアは増加しています。しかしその増加率に働く薬剤師の数が追い付いていないのです。薬局やドラッグストアからしてみたら、働き手がいなければ薬の販売をすることはできません。そのため何としてでも人材の確保をしたいと考えるわけです。

正社員は集まりにくい でもアルバイトはそうでもない

薬剤師の半数以上は女性といわれています。女性の場合、20代から30代くらいになると結婚や出産などの人生の転機が訪れます。これにより、勤めていた薬剤関連の会社をいったん退職することがあります。

そのまま家庭に入る方もいますし、その後復帰する方もいます。つまり潜在薬剤師が結構いるのです。

この潜在薬剤師の多くが復帰してくれれば、需要と供給のバランスも少しは解消されるのかもしれませんが、そのためにはそれだけの魅力を採用側は提示する必要があります。

そこで、どのような条件を提示し始めたかというと、「高時給」「短時間勤務」などです。

家庭の仕事をしながら、薬剤師の仕事をするのであれば、「短い時間でたくさんの収入を期待できる」ことが魅力となります。

このスタイルを現実的に可能とするのは「アルバイト」という労働スタイルとなります。

こういったことからも、1日にほんの数時間、もしくは1週間で数日程度の勤務を望む主婦の薬剤師がいるわけです。

そのため、アルバイト薬剤師は非常に人気となります。

アルバイトに強い求人サイトは?

さて、このサイトの中心ともいえる「アルバイトに強い求人サイト」についてですが、大抵の薬剤師求人サイトはアルバイトにも対応しています。

そもそも、「正社員だけだよ。アルバイトは募集していないんだよ。」という求人を出している薬局やドラッグストアはほとんどありません。猫の手も借りたいところがほとんどなのです。

そのため、まずアルバイト先を見つけるのであれば、薬剤師転職サイトに登録をしてみると良いでしょう。そして、そこのスタッフにアルバイトとして働きたいという旨を伝えましょう。

大抵の場合がそれでも協力してくれます。もしアルバイト先は紹介できないといわれたら(通常ありませんが)、他にもたくさん薬剤師専用の転職サイトはあるので、そこに登録してみると良いでしょう。

直接、近隣の薬局やドラッグストアに話を持ち掛けてもアルバイトとして働けるとは思うのですが、それは避けた方が良いと思います。

その理由は、薬剤師転職サイトを利用したほうが、労働条件が高くなる可能性が非常に高い」ためです。

転職サイトのスタッフは、薬剤師のアルバイトの時給の相場が分かっています。大抵の場合、少なくても2500円以上です。3000円以上といったところもあります。

しかし、採用する側としてみたら、なるべく安に賃金で雇いたいものです。なので直接アルバイトを申し込みしに行くと、安い時給を提示される可能性があります。

ところが転職サイトのスタッフが交渉すると、そのあたりの時給問題は分かっているため、条件交渉を行ってくれ、時給が高くなるといったことがあるのです。

ページの先頭へ